レップ(REP) – コールセンター用語集

レップ
レップ(REP)とは、英語の「Representative リプリゼンタティブ(レプリゼンタティブ)」の略で、代表者、代理人という意味の略語。

アメリカや外資系のコールセンターでは、お客様と直接電話応対を行うスタッフ(またその職種)を、「Telephone Sales(Service) Representative(テレフォン・セールス(サービス)・リプリゼンタティブ)」ということから、略して「TSR(ティー・エス・アール)」、または「REP(レップ)」と呼ぶことが多いようです。

(日本では、「オペレーター」「コミュニケーター」など企業によって様々で、特に統一されていないようです。)

[関連用語]

TSR(ティーエスアール)
オペレーター


マグボトル(水筒) amazon ランキング

コールセンター参考書

この1冊ですべてわかる コーチングの基本
この1冊ですべてわかる コーチングの基本
鈴木義幸(監修)コーチ・エィ(著)
日本実業出版社

  • コーチングの3原則と、コーチがもつべき3つの視点
  • コーチングの基本ステップと、実践的なすすめ方
  • 代表的な7つのスキルと、プロコーチによる実践例
  • 組織の中でのコーチング活用事例


プロコーチが使う実践的なスキルを、会話例とともに紹介。

「コーチングの基本」を重視し、コーチングの目的・コーチの視点・コーチングのプロセスなど、さまざまな角度から詳細に解説。基本にのっとり、コーチはどのような会話をクライアントと交わし、コーチングを行なうのかがわかるよう事例の紹介に多数のページを割いています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク