コールセンターで働く

コールセンターで働く

雇用形態を確認しよう


コールセンターで働くには、他のお仕事同様、企業と雇用・労働に関する契約を結ぶ必要があります。

企業と労働者が結ぶ雇用契約の中での採用種別(働き方の種類)のことを「雇用形態」または「就業形態」といいます。

コールセンターでの一般的な雇用形態としては、大きく分けて「正社員」「契約社員」「派遣社員」「アルバイト(パートタイム)」など4種類が挙げられます。

各雇用形態の特徴をしっかりチェックして、自分に合った働き方をみつけましょう。
  1. アルバイトで働く
  2. 派遣社員で働く
  3. 契約社員で働く
  4. 正社員で働く

札幌市内の派遣業務、新着情報(リクナビ派遣)

今、一番人気のマグボトルは?(amazon 売れ筋ランキング)

コールセンターの研修内容


コールセンターで、仕事に就く前に行われる、一般的な研修内容についての説明です

  1. ビジネスマナー研修
  2. 情報セキュリティ研修
  3. 電話応対基礎研修
  4. トークスキル研修
  5. コミュニケーション力アップ研修
  6. テクニカル研修

スキルアップのすすめ

コールセンターで働くメリット
コールセンターで働くデメリット

電話応対の基本とマナーを身につける。
コールセンター参考書

はじめての人でも自信が持てる 電話応対の基本とマナー
はじめての人でも自信が持てる・電話応対の基本とマナー
恩田 昭子(著)
出版社:日本実業出版社

はじめて電話応対をするときは、
緊張したり怖かったりすると思います。

しかし電話応対で、おさえておかなければいけないことは、
じつはそれほど多くありません。

大事なポイントだけ的確におさえればいいのです。
本書ではそうしたポイントを
「ホワイトボード」にまとめながら紹介していきます。

だからこそ、本書を熟読し実践すれば、
すぐにでもまわりの反応が
変わってくるのを実感できるとおもいます。

  • プライベート電話とビジネス電話は目的が違う
  • ビジネス電話の目的はビジネス→連絡、注文、交渉の確実な成功
  • ビジネス電話の上達には、
    「話し方」「聞き方」の基本を身につける必要がある。

  • 電話には積極的に出る!
  • どんなテクニックもくり返し使わなければ身につかない
  • 経験を積むことが、電話応対の上達のベース
  • 「電話応対コンクール」元審査委員長の筆者が
    「プロの極意」をやさしく講義します。

    スポンサーリンク
    • このエントリーをはてなブックマークに追加