コールセンターの業務内容

sapporo
コールセンターで行われる代表的な業務は、大きく2種類あります。

  1. インバウンド」(受信業務)と

  2. アウトバウンド」(発信業務)です。

インバウンド(受信業務)

インバウンドとは、店舗等の窓口に代わってお客様等からの注文や問い合わせなどの電話を受ける業務です。

おもな業務内容としては、
  • 各種受付業務(注文受付、資料請求受付、キャンペーン応募・チケット予約受付など)
  • 情報提供
  • 料金問合せ受付
  • お客様相談窓口
  • テクニカル・ヘルプデスク
  • 販売代理店サポート
  • 社内問合せ窓口

アウトバウンド(発信業務)

アウトバウンドとは、販売促進、アンケート調査、代金催促等を目的にコールセンター側からお客様へ電話する業務です。

おもな業務内容としては、

  • 各種販売促進支援(新商品等の案内、ダイレクトメール・フォロー、見込客発掘、ダイレクト販売など)
  • 電話調査
  • 登録リスト・クリーニング
  • 代金支払い督促

それぞれ内容により異なりますが、電話応対に関するパソコン操作や、書類作成、なども付随するのが一般的です。

次の記事コールセンター内の人員構成


札幌市内の派遣業務、新着情報(リクナビ派遣)

今、一番人気のマグボトルは?(amazon 売れ筋ランキング)

「コールセンターがわかる」参考書

図解 数字が上がるコールセンターのつくり方
図解 数字が上がるコールセンターのつくり方
波多野精紀・石橋由佳・古館良子(著)
日本実業出版社

どうすればコールセンターが見違えるほど活気づき、実績が上がるようになるのか?

電話でお客様に話しかけるスクリプト作成から、問題発見のためのモニタリング、スタッフの人事評価法・モチベーション管理法まで、実例に基づいた具体的ノウハウがわかる一冊。

  • どうしたら電話で数字が上がるのか?
  • 電話で勝つための11ポイント
  • コールセンター立て直しの3ステップ

  • 今日から使える実践ノウハウ
  • コールが劇的にレベルアップする4つの取り組み
  • コールの成否を左右するスクリプト

  • モニタリングを上手に進めるための8ステップ
  • アウトソーサー活用のメリット・デメリット
  • 使ってはいけない言葉
  • オープニングとクロージングが印象を決める!
など

「わが社はこうしてコールセンターを改善した」
某電話会社の法人コンタクトセンターや、某中古車販売会社など、成功事例をもとに紹介しています。

付録として「電話で勝つ」コールセンターになるためのチェックシートを収録。


1.コールセンターとは2.コールセンターの分類|3.コールセンターの業務内容|4.コールセンター内の人員構成5.コールセンターで求められるスキル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク