マスクのすすめ

マスクのすすめ
通勤時の
電車や
地下鉄のなかでの
あるあるです。

せきを「ゴホンゴホン」
してる人いますよね。

「そんなに
つらそうなのに
休めないの。
大変だなあ。」

そうではなくて、
ちょっとまって。

マスク、してないよね…

私たちのように
「声の仕事」をしている
人間にとってはこの状況は
致命的です。

「お願いだから
うつさないで!」

本音はこうです。

咳をともなう風邪は
お話ができなくなります。

咳を我慢しながらの対応は本当に、本当にしんどいです。
お客様にも、咳をしながら「失礼いたしました。」とお詫びをしつつ対応するのもしんどいです。

予防が第一、と言いますが、本当にコールセンター務めの人間には、風邪は大敵なのです。

簡単に休むことができるのであればいいのですが、大抵のコールセンターは
一日の受電・架電する予定数をもとにシフトを決めているために、人数がギリギリで設定されていることが多いです。

一人休むとその分の
仕事を他の人で補わなければなりません。

誰が補うかというと、その日の出勤者に残業を頼むか、リーダーなどの管理職がオペレーターの代理で電話にあたります。

残業を頼まれるのも、正直しんどいですし、リーダーが代理にあたるということは、オペレーターの質問等に対応できる人が少なくなり、業務が円滑に行かなくなることもありえます。

さらに、お給料も欠勤分減ります。(ここ一番重要)
いいことが、本当にないのです。

おそらく、
声が出ないから
今日は違う仕事でという
わけにはいかない職場がほとんどだと思います。

かといって、同じ電車に乗らないわけにも行きません。

つまり、
結局のところ
自分の身は自分で守る
につきる。
ということなのです。

なので、通勤時には風邪をひいていなくても、マスクでまず防御する。
これをお勧めします。

電車でも、職場内でも、咳をしている人がいたら、即マスク。
私は風邪をひいていなくても、かならずマスクを持ち歩くようにしています。

最近では
何十枚パックとかお得用なのに
耳が痛くないタイプがあったり
助かります。



人気のマスクまとめ買い

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク