CSR(シーエスアール)- コールセンター用語集

Customer Service Representative
CSR(シーエスアール)とは、カスタマー・サービス・リプレゼンティブ(Customer Service Representative)という英語の略語で、顧客サービス担当者の意味。

企業や業種によって意味合いなど変わりますが、一般的にコールセンターにおいて、お客様からの製品(サービス)に関する問い合わせや質問、相談や要望、クレームなどの応対を行う担当者のこと。

各担当者が別の部門を兼任することの多い日本では、電話対応スタッフを意味する「TSR」(ティーエスアール)と「CSR」との境目は曖昧ですが、アメリカでは異なる専門スタッフとして明確に区別しています。

CSRの業務内容一例


マイクロソフト社製品のサポートスタッフ募集:NTTコムチェオ

募集業務

在宅CSR業務
(CSR=Customer Service Representative カスタマー・サービス・リプレゼンタティブ)

業務内容

マイクロソフト社製品のセットアップサポート(在宅業務)
自宅でコールセンタースタッフとしてお客さまからの電話を受け、マイクロソフト社製品のダウンロードやインストールの方法などに関するお問い合わせ対応、およびトラブルシュートなどを行うセットアップサポート業務です。

[関連用語]

TSR(ティーエスアール)
電話対応スタッフ。「オペレーター」「テレコミュニケーター」。


マグボトル(水筒) amazon ランキング

コールセンター参考書

図解 数字が上がるコールセンターのつくり方
図解 数字が上がるコールセンターのつくり方
波多野精紀・石橋由佳・古館良子(著)
日本実業出版社

相手の心をしっかりつかむ プロフェッショナル電話力 話し方 聞き方 講座
相手の心をしっかりつかむ・プロフェッショナル電話力・話し方 聞き方 講座
恩田昭子(著)
日本実業出版社

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク