契約社員で働く – 雇用形態を確認しよう

契約社員で働く
契約社員とは、その企業での直接雇用になります。

あまり多い雇用形態ではないですが、あります。
定着率が高いので、あまり臨時の求人はありませんが、センターの増員などで、まとめた人数が欲しい時にでることが多いようです。


給与は、日給や月給形式がほとんど。
交通費も1日○○円など上限があることも多いですが、支給されることが多いです。

勤務時間は殆どがフルタイムです。
正社員に準ずる雇用形態が多いので、ほとんど有給休暇、保険なども用意されています。

契約期間も、6ヶ月~1年単位がほとんど。

契約社員で働くメリット、デメリット

メリット :

正社員ほどではないにしても安定して働きたい人におすすめです。

デメリット :

ほとんど求人が出ません。見つけたらチャンスです。ただし、自社のコールセンターだということもあり、業務内容や、社内規則はそれなりに厳しいです。

次の記事正社員で働く – 雇用形態を確認しよう


札幌市内の派遣業務、新着情報(リクナビ派遣)

今、一番人気のマグボトルは?(amazon 売れ筋ランキング)

採用される履歴書・職務経歴書がわかる。
コールセンター参考書

30代40代の転職・採用される履歴書・職務経歴書
30代40代の転職・採用される履歴書・職務経歴書
佐藤祐子(著)
日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会(監)
秀和システム

女性の45歳は男性の60歳に相当する、と言われる
厳しい状況でも成功したのは、
キャリア・コンサルタントの的確なアドバイスのおかげです。

6ヶ月で4社の内定を取ることができました。

様々な履歴書・職務経歴書を拝見して実感するのは、
合格点が付けられる応募書類は
きわめて少ない、ということです。

コミュニケーション能力不足というよりも、
作成に必要な知識や
ノウハウの欠如に起因するのではないかと考えられます。

「30代・40代の転職希望者が、
採用される応募書類を作成できるようになること」、

これが本書の目的です。
できる限り、転職活動成功者の実例を紹介しています。



1. アルバイトで働く|2. 派遣社員で働く|3. 契約社員で働く|4. 正社員で働く

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク