情報セキュリティ研修 – コールセンターの研修内容

情報セキュリティ研修
コールセンターでは、お客様と対応するため、個人情報を知り得てしまう仕事でもあります。

これは、個人情報保護法という法律もあり、口外してはいけない大切な情報です。
当然、漏らしてしまえば法に基づき罰せられます。

かつ、コールセンターの殆どがアウトソーシングのため、クライアントから仕事を受託するため、クライアントとの取引内容、クライアントの社内情報も知り得る関係上、クライアントの情報が社外への情報が漏れることも契約違反として罰せられます。


情報セキュリティ研修では

どのようなときに情報漏えいが起こるのか、どう気を付けるのか、そして漏洩が起きたときにどのように罰せられるのかなどの研修を行います。

これは、どのコールセンターでも研修が義務付けられており必ず行う大切な研修です。

次の記事電話応対基礎研修 – コールセンターの研修内容


札幌市内の派遣業務、新着情報(リクナビ派遣)

今、一番人気のマグボトルは?(amazon 売れ筋ランキング)

情報セキュリティがわかる参考書


新入社員と学ぶ オフィスの情報セキュリティ入門
新入社員と学ぶ オフィスの情報セキュリティ入門
沢渡 あまね(著)、山田 達司(著)
シーアンドアール研究所

ビジネスメールを装ったメールを社員が受信し、添付ファイルをクリックしたら知らないうちにPCがマルウェアに感染していた。最近、増えてきているケースです。

敵は通常やり取りするようなビジネスメールを装っているため、IT面のセキュリティ対策では防ぎにくい特徴があります。

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査によると、個人情報漏洩事故の8割以上は、なんと誤操作、管理ミス、紛失・置忘れなどのヒューマンエラーやアナログの部分に起因しているのです。

情報システム部門がシステムの対策はしていた、しかし、情報システムを使う人、すなわちユーザーの「ついうっかり」のヒューマンエラー(たとえば、メール誤送信)で、機密情報をばらまいてしまった。あるいは、会話、印刷物などアナログな部分で情報を盗まれてしまった。これが実態なのです。



1.ビジネスマナー研修|2.情報セキュリティ研修|3.電話応対基礎研修|4.トークスキル研修|5.コミュニケーション力アップ研修|6.テクニカル研修

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク