正社員で働く – 雇用形態を確認しよう

正社員で働く
正社員は基本的に、企業と「雇用期限の制限がない契約」を結ぶのが大きな特徴です。

通常、コールセンター部門がある会社に正社員として就職し、オーペレーターなどをまとめるリーダー職などに配属されることが一般的です。

給料としてはあまり高くない(初任給が、自給で働くオペレーターより低いスタートの場合も少なくありません)ですが、安定した雇用となり(社会保険、厚生年金など)保証も一番充実していますので、安定して働きたい方には一番いいのではないでしょうか。

正社員であれば、コールセンター業務から(その会社の別部門など)他の仕事へのステップアップも可能です。

関連記事会社合同説明会などに参加する – 求人情報の調べ方

関連記事基本的な面接内容

正社員で働くメリット、デリット

メリット :

雇用期限の制限がなく働くことができるので、精神的にも収入的にも安定した生活が送れます。実績により昇格や昇進が可能です。

デメリット :

まず、募集が殆どありません。(ただし、ゼロではないです。自社のコールセンターを持つ会社では、ごく一部、オペレーターの正社員採用をするところも出てきています)

次の記事ビジネスマナー研修 – コールセンターの研修内容


札幌市内の派遣業務、新着情報(リクナビ派遣)

今、一番人気のマグボトルは?(amazon 売れ筋ランキング)

面接の「ポイント」を押さえる。
コールセンター参考書

転職・面接 準備とマナー、定番質問から揺さぶり質問の回答例まで
転職・面接 準備とマナー、定番質問から揺さぶり質問の回答例まで
細田咲江(著)
すばる舎

転職者が陥りがちな失敗の原因は、
面接のポイント(面接官の意図)がわかっていないが故の
「期待ハズレの答えと反応」です。

面接官が何を知りたいと思って質問しているのかを考えたことはありますか?

そして、彼らの知りたいことに答える工夫をしていますか?

こうしたことを頭に入れながら面接に臨む場合と、
そうでない場合では、
結果が大きく違ってきます。

しっかり対策を立てることで、
皆さんの力を最大限に発揮できるばかりでなく、
面接への不安や恐怖も薄らいでくるのです。



1. アルバイトで働く|2. 派遣社員で働く|3. 契約社員で働く|4. 正社員で働く

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク