自動音声応答システム(じどうおんせいおうとう システム)-コールセンター用語集

自動音声応答システム(じどうおんせいおうとう システム)


コールセンター用語集



自動音声応答システム(じどうおんせいおうとう システム)とは、お客様からの電話(音声、プッシュボタン)を自動認識し、音声による電話応対を自動的に行なうシステムのこと。「インタラクティブ・ボイス・レスポンス(Interactive Voice Response)」略して「IVR(アイブイアール)」とも言います。

受注受付(予約、解約、お支払い、料金照会など)、資料請求の受付、アンケート、内線転送などに使われています。


コールセンターにおいてオペレーターが「IVR」を使用するメリットとして、オペレーターのコンピューター画面に、プッシュボタンを押した番号が「お客様が希望する内容」として事前にわかるので、素早く対応できるということがあります。


例)「1」問い合わせ、「3」料金の支払い、「6」住所変更の場合。

案内ガイダンスによってお客様が「1、3、6」と押したことで、オペレータの画面に「料金の支払いと住所変更に関する問い合わせ」と表示され、コールに出たときには内容がおおよそ把握できているのでスムーズに対応できます。



スポンサード リンク






札幌コールセンター事情 ホーム > 基礎知識 > コールセンター用語集 > 「さ」行 > 自動音声応答システム

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク