B to C(ビー・トゥー・シー)-コールセンター用語集

B to Cとは、ビジネス・トゥー・コンシューマー(またはビジネス・トゥー・カスタマー Business to Consumer/Customer)という英語の略語で、
企業と個人消費者間の電子商取引のこと。B2C。

コールセンターにおいて「BtoC」とは、
一般家庭のお客様を対象としたテレマーケティングのことを指します。

具体的には、

受信業務(インバウンド)の場合、お客様からの商品の注文受付、資料請求受付、キャンペーン応募、チケット予約受付、問い合わせ、クレーム受付など。

発信業務(アウトバウンド)の場合、お客様への新商品等の案内、見込客の発掘、ダイレクト販売、電話調査、代金支払いの請求など。



また一般的なBtoCにおける「企業と個人消費者間の電子商取引」の分かりやすい例として、

「アマゾン(Amazon)」「楽天市場」「Yahoo! ショッピング」などのインターネット通販や、「iTunes(アイチューンズ)」などのように、音楽、(ゲームなどの)アプリケーションや、映像などのコンテンツをダウンロード販売するオンラインストア、「楽天銀行」「ジャパンネット銀行」などインターネットを利用した銀行取引・金融サービスなどがあります。



マグボトル(水筒) amazon ランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク