条件を確認しよう – コールセンターを選ぶ際のチェックポイント

sapporo
コールセンターで働くにあたって、注意が必要なことの一つに、「条件をきちんと確認する」ということが挙げられます。

派遣会社への登録の場合は、若干異なりますので、ここではコールセンター事業者か、インハウス(直接採用)について挙げています。派遣会社の登録については「求人情報の調べ方 派遣会社で調べる」で後述します。

関連記事派遣会社で調べる – 求人情報の調べ方

条件とは、求人広告に掲載されていることは一般的には

  1. 職種
  2. 内容
  3. 資格
  4. 時間
  5. 研修期間
  6. 給与
  7. 待遇
  8. 勤務地
  9. 応募方法
になるのではないかと思います。

ここで、「自分が何を優先に考えるか」で選ぶコールセンターが変わってきます。
時間に融通を利かせたいのか、時給重視なのか、資格・知識を生かしたいのか…。

「コールセンターで働くメリット・デメリット」で書きましたが、そこに書かれたメリット・デメリットは、全てのコールセンターに適応しているわけではありません。
そのコールセンターがどんな業務内容なのかで変わってきます。

関連記事コールセンターで働くメリットコールセンターで働くデメリット

また、全ての希望を生かした案件に出会えるかは、その時の求人のタイミングもあります。

コールセンターの仕事は、座っていることが多い職種なので、肉体的な疲労よりも精神的な負担のほうが幾分多い仕事です。その為、思っていた条件と違う、ということがあると、余計なストレスを感じてしまい、業務の能率に影響します。

自分が一番こだわっている条件を満たしているコールセンターを選ぶ、ということもコールセンターで働くに当っての大切なテクニックとなります。

次の記事テレマ(テレマーケティング)とテレアポの違い


札幌市内の派遣業務、新着情報(リクナビ派遣)

今、一番人気のマグボトルは?(amazon 売れ筋ランキング)

コールセンターがわかる参考書

改訂版 図解でわかるコールセンター/ヘルプデスク
改訂版 図解でわかるコールセンター/ヘルプデスク
日本能率協会コンサルティング(著)、永川克彦(著)、蛭田潤(著)、小名川眞治郎(著)、社団法人 企業情報化協会[協力](著)
日本能率協会マネジメントセンター

迷ったときこそ、大切な基本に戻る
現場で使える記述がさらに充実

組織変革に役立つコンタクトセンター等の実際、課題、先進的取り組みがこの1冊でまるわかり

役割、構造、人員、業務、管理、問題解決法などを具体的に紹介
統合、分散など激変する環境への対応について
インバウンド・アウトバウンドをはじめとする重要ポイントも網羅

ヘルプデスクセンタープロフェッショナル育成プログラムを紹介



1.職種内容を確認しよう2.受信業務か?発信業務か?3.どんな商品を扱うのか?4.研修期間はどのくらい?|5.条件を確認しよう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク